Microsoft RMS SDK 3.0が公開されています。

Windows Store用がこちら

Windows Phone 8用がこちら

Android用がこちら

iOS用がこちら

OS X用がこちら

(SDKのダウンロードにはMicrosoftアカウントによる登録が必要になります。)

RMS SDKとは正確にはRights Management System Software Development Kitで、ドキュメントやファイルなどの著作権管理システムですね。

企業などで作成される機密文書や公開範囲をきちんと管理したいようなドキュメント類に対しての制御を行う仕組みとしてActive Directory RMSが存在するのですが、こちらのSDKはそれらの仕組みをモバイル向けのプラットフォームにも適用できるようにするためのSDKですね。

公開されたのは昨年の10月なのですが、なかなか時間が取れずに確認が先送りになっていましたが、簡単で便利そうなのでちょっと見てみました。

リンク先やドキュメントは英語なのですが、サンプルコードなどもあるのでそれほど難しいものじゃなさそうですね。

やはり、幅広いプラットフォームで一元管理できるのは便利そうですねーということでメモ。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *