ネタ元:The Visual Studio Blog

Microsoftが主催したイベントConnect();でVisual Studio 2017に関する発表がありましたのでご紹介しておきましょう。

 

Visual Studio 2017 Release Candidate

VIsual Studio 2017 RCが公開されました。ダウンロードはこちら

Visual Studio 2017 RCは言わずと知れたMicrosoft製の統合開発環境ですが、生産性の改善や多くの機能に関する機能向上などが行われています。

 

Visual Studio for Mac

Visual Studio for Mac Previewが開されました。ダウンロードはこちら

こちらは今回新たに公開されたその名のとおりMac上で動作するVisual Studio IDEです。主にはXamarin, ASP.NET Core, Azureなどを利用するフルスタックのクライアント・クラウドアプリの開発が行えるようです。

 

Visual Studio Mobile Center

Visual Studio Mobile Centerが公開されました。こちら

Visual Studio Mobile Centerはモバイルアプリケーションの構築・テスト・配布・監視そして反復して改善できるというモバイルアプリケーションのライフサイクルを支援するサービスとなるようです。

こちらはHockey AppやXamarin Test Cloudの次期バージョンという感じのようですが、モバイルセンターのサイトから引用すると、今回以下の環境がサポートされるようになったそうです。

 

Mobile platforms
Objective-C, Swift, Java, Xamarin, React Native

Lifecycle features
Build, Test, Crash, Beta Distribution, Analytics

Cloud features
Authentication, Easy tables, Offline sync

 

Team Foundation Server 2017 RTM and Visual Studio Team Services

Team Foundation Server 2017がRTMとなりMSDNサブスクリプションに公開となっています。

Team Foundation Server 2017(正しくはVisual Studio Team Foundation Server 2017)は主にチーム開発の開発ライフサイクルをサポートするサーバー製品ですね。

Visual Studio Team Servicesでもいくつかの機能についてGAとなっているようです。

簡単にピックアップするとApplication Insights、 Package Management service、 Code Search,、サードパーティによる商用のオンプレミス機能拡張などが利用できるようになっているようです。

こちらの詳細はこちらのポータルサイトで確認できるようです。(おそらく@kkamegawaさんあたりが説明してくれるのではないかとw)

 

早速VS2017 RCをインストールしてみましたが、見慣れない機能もいろいろありそうなので、順次ご紹介しますね。

ツイートツイート