Windows Phone SDK 8.0が公開されています。

こちら

Windows Phone SDK 8はマイクロソフト製のスマートフォンプラットフォームであるWindows Phone 8.0まはたWindows Phone 7.5のアプリやゲームを開発するためのツール・エミュレータ群ですね。

インストールにはVisual Studio Express 2012かVisual Stduio 2012のいずれかのエディションが必要になります。

ツールはVisual Studio Express 2012がインストールされますが、既にVisual Studio 2012のいずれかのエディションがインストールされていると既存のVisual Studio 2012にWindows Phone開発用のテンプレートやアドインなどが追加されます。

Windows Phone SDKに含まれるエミュレーターは以前からかなり精度の高いエミュレーションができることはご存じの通りですが、今回のエミュレーターの完成度も高く、その分インストール可能なシステム要件のスペックが限定されています。

サポートOS:Windows 8/Windows 8 Pro(Windows ServerやWindows 7では動作できません)

ハードウェア:4GB以上のハードディスク空き領域、4GB以上のRAM、64ビット(X64)CPU、Second Level Address Translation(SLAT)をサポートしたプロセッサ

SLATとは、仮想マシンのアドレス空間から物理マシンのアドレス空間への変換をサポートするCPU機能で、仮想マシンを効率的に動作させるために利用されおり、Windows 8やWindows Server 2012から導入されたHyper-V 2.0でも利用されている仮想化技術の1つです。

本日の段階ではまだ日本からWindows Phone 8がリリースされるという情報はありませんが、SDKは既に日本語化されていますので早速いろんな新機能を試せそうですね。

というワケでメモ。

ツイートツイート
  1. > インストールにはVisual Studio Express 2012かVisual Stduio 2012のいずれかのエディションが必要になります。

    あれ、 Visual Studio は不要ではないでしょうか?
    ・VS2012 ( Pro 以上?)が入っていればテンプレートが追加される
    ・VS2012が入っていない環境でも SDK インストール時に VS 2012 Express for Windows Phone がインストールされる(のでそのまま開発可能)
    ではないかと。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>