この記事は「XAML Advent Calendar 2013」の22日目の記事です。

前日はyone64さんの「WPFだからできること」でした。

さてさて、今日は小ネタです。

今日はロジックを持たないXAMLファイルを直接読み込んで表示する方法をご紹介しましょう。

こちらは以前、MicrosoftさんでSilverlightのセミナーを行っていた頃にやっていたDemoのひとつなのですが、WPFでも簡単にできそうなのでやってみましょう、

まずはベースとなるMainWindow.xaml

まず、Visual StudioでWPFアプリケーションプロジェクトを作成し、MainWindow.xamlを開きます。

次に、以下のようにTabControlおよびTabItemを1つ配置します。

<Window x:Class="DynamicXaml.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        Title="MainWindow" Height="350" Width="525">
    <Grid>
        <TabControl Name="tabControl1">
            <TabItem Header="DynamicXaml">
                <Button Content="XAMLでどん" FontSize="40" />
            </TabItem>
        </TabControl>

    </Grid>
</Window>

TabItemにはButtonコントロールを配置しました。

Buttonコントロールにイベントハンドラを追加

次にデザイナーでButtonコントロールをダブルクリックし、Clickイベントを追加します。

<Button Content="XAMLでどん" FontSize="40" Click="Button_Click"/>

動的に表示するUserControlの作成

そして、プロジェクトにプロジェクトにはあらかじめロジックのないUserControlを1つ追加します。

ソリューションエクスプローラーでプロジェクトを右クリックし、[追加]→[新しい項目の追加]を行います。

image

続けて、[WPF]のテンプレートの中から「ユーザーコントロール(WPF)」を選択し、適当な名前をつけます。(今回は[UserControl1.xaml]というファイルを作成しました。)

image

追加したら、コードビハインドのcsファイルは削除し、XAMLのルート要素にあったx:Class属性を削除します。

あとは適当なXAMLを記述して下さい。

私が作成したXAMLは以下になります。

<UserControl
             xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
             xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
             xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006" 
             xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008" 
             mc:Ignorable="d" 
             d:DesignHeight="300" d:DesignWidth="300">
    <Grid Background="#FFFF6565">
        <TextBlock 
            TextWrapping="Wrap" 
            Text="Merry Chiristmas!" 
            FontSize="40" 
            HorizontalAlignment="Center" 
            VerticalAlignment="Center" 
            Foreground="White"/>
    </Grid>
</UserControl>

こちらのファイルをソリューションに追加したら、ソリューションエクスプローラーでUserControl1.xamlを選択します。

続けて、「ビルドアクション」を「なし」に変更、「出力ディレクトリにコピー」を「常にコピーする」に変更します。

image

 

コードを追加

それではMainWindow.xamlに戻って、コードビハインドの編集を行いましょう。

MainWindow.xaml.csを開いて(またはMainWindow.xamlのデザイナーで右クリック→[コードの表示]でもOK!)で、先ほどダブルクリックしたことでClickイベントハンドラのスタブができあがっていると思いますので、以下のようにロジックを追加します。

private void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
            using (var sr = new StreamReader("UserControl1.xaml"))
            {
                var xml = XmlReader.Create(sr.BaseStream);
                var ctrls = XamlReader.Load(xml) as UIElement;
                var item = new TabItem()
                {
                    Header = "読み込んだUserControl",
                    Content = ctrls
                };
                tabControl1.Items.Add(item);
            }
        }

 

完成

さて、それでは実行してみましょう。

image

ボタンをクリックすると…

image

TabItemが増えました。切り替えて見ると!

image

こんな感じで簡単にXAMLを追加できます。

まぁ、ロジック追加はあとから…となるので利用用途は選ぶかもしれませんが、よかったら参考にして下さい!

完成したソリューションはこちらに置いておきますねー!

http://sdrv.ms/197dijM

というワケで、少し遅刻してすみませんでした!

明日(もう今日か。)はtmytさんですね!

それでは、メリークリスマス!

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *