System Center Monitoring Pack for Windows AzureApplicationsが公開されています。こちら

System CenterはIT Pro向けのサーバー管理製品ですね。ひとくちにサーバー管理といっても多岐に及ぶので、さまざまな製品が用意されています。

今回のSystem Center Monitoring Pack fo Windows Azure ApplicaitonsはSystem Center Operation Manager 2007 R2 CU3以降で、利用することができるツールで、その名前の通り、Windows Azure上に稼働中のアプリケーションなどをモニタリングするための管理ツール群のようですね。

具体的にどのような管理ができるか、リンク先のOverviewを確認してみると

  • Windows Azure applicationの検出
  • 各ロールインスタンス毎のステータス確認
  • パフォーマンス情報のモニターおよび収集
  • Windowsイベントのモニターおよび収集
  • 各ロールからの.NET Frameworkのトレースメッセージのモニターおよび収集
  • パフォーマンス、イベント、.NET FrameworkのトレースデータをAzure Storageから収集し、整形
  • タスク経由でロールのインスタンス数の変更

といったことができるようですね。

公開自体は8/16に行われていたようなので、ちょっと情報としては古いのですが、気になったのでメモ。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

Leave a Reply