Archive for the ‘Visual Studio’ Category

Visual Studio “14” CTPが公開されています。

こちら

Visual Stduio “14”はマイクロソフトが現在開発中の開発統合環境ですね。

CTPの利用には制限があるようで、リンク先の「CTP limitations」を簡単に翻訳しておきますね。

CTPはテストとフィードバックを目的にした場合のみ利用できます。

CTPのサポートはありません。

英語のみの公開となります。

これらは最終検証まで行われていないので、本番機や製品コードの開発などには利用しないで下さい。

CTPリリースのインストールによりコンピューターがどのような状態となってもサポートできません。我々は仮想マシンまたは再フォーマットしてもよいPCへのインストールをお勧めします。

現在、Visual Studio “14” CTPは以前のバージョンのVisual Studioと互換性に関する既知の問題がありますので、同一マシンへのside-by-sideによるインストールは行わないで下さい。(つまり、複数バージョンのVSを同時にインストールしないで下さいということかな。)

 

まだCTPなので将来バージョンで機能変更となる場合があるので要注意ですね!

というワケで、バグレポートはMicrosoft Connectへ、アイデアはUserVoiceへ、またはVisual Studioのタイトルバーの右側に吹き出しアイコン(speech-bubble icon)からSend a SimeやSend a Frownを使って簡単なフィードバックが行えるようです。

VS2013のUpdate2の公開が終わって、そしてde:codeが終わったと思ったら、早速VS”14”とは、めまぐるしいですがRoslynやASP.NET vNEXT、C++11/14など注目の新機能をネイティブに取り入れているVSなので要チェックですねー。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

Visual Studio 2013 Update 2が公開されています。

image

Webインストーラーはこちら

ISOイメージはこちら

Visual Studioは言うまでもなく、マイクロソフト製の統合開発環境ですね。

Visual Studio 2013 Update 2でも多くの機能追加が行われています。

Visual Studio Team Blogにあった新機能についてのポストを引用していくつか翻訳しておきましょう。

Visual Studio 2013 Update 2ではたくさんの新機能やバグフィックス、お客様からのフィードバック、パフォーマンスや安定性の強化などを含みます。新しい機能についての一部と関連するアップデートのリンクを以下に列挙します。

  • ユニバーサルアプリ このリリースでWindows 8.1とWindows Phone 8.1でコードやリソースなどの資産を共有できるユニバーサルアプリが利用できるようになります
  • TypeScript TypeScript LanguageはプレーンなJavaScriptにコンパイルできる型付のJavaScriptスーパーセットです。つまり、型付言語によってクラス、モジュール、インターフェースなどを定義でき、ブラウザーで実行できるJavaScriptにコンパイルすることができます。
  • Web Tool Web開発ツールはSCSSのサポート、新しいJSONエディター、ASP.NETテンプレートのアップデート、URLピッカーの進化などたくさんの新機能を含みます。
  • Azure tools 開発やテスト環境で利用するAzure web sitesやSQL Azuredatabasesなどを直接操作するオプションを含みます。
  • Diagnostics(「診断」と直訳するのも微妙な気がしたのでそのままで(^^;) Diagnosticsツールはいくつかの強化が行われました。パフォーマンスイベントはMVCメソッド用にナビゲーションを行ったり、データベースクエリー用のSQLコマンドに移動を行います。さらに、Windows Store Diagnosticsツールは同時にいくつもの診断情報を共有タイムラインに表示します。
  • Slipstream install VS2013 RTMからUpdate2まで、Visual Studioのすべての最新機能を1インストールで行うことができます。

以下はUpdate2でVisual Studio 2013に追加されたそのほかの重要な更新です。

  • Apache Cordova and Visual Studio. Cordova tools in Visual Studioではweb開発者はHTML, JavaSciptのスキルを活用し、Android, iOS, WindowsとWindows Phoneをターゲットとしたクロスプラットフォームモバイルアプリケーションをビルドできます。詳しい情報はApache Cordova(http://cordova.apache.org/)で確認してください。
  • A cloud optimized .NET. 最新のフレームワークは小さく、軽量に、そしてクラウドとサーバーワークロードをデザインできるクラウド最適化しました。
  • .Net vNext. このUpdateで.NET Frameworkはクラウドファースト、モバイルファーストに最適化しました。そして、Roslynを利用してC# 6とVBをコンパイルできるようになったり、.NET Nativeを利用してWindowsストアアプリを高速化したり、ASP.NETアプリをクラウドに最適化したりできます。
  • TFS 2013 Update 2 こちらは再度言及しますが、TFS2013のUpdateにはTagging, charting, 共有パラメータ、コンパニオンサービス for クラウドロードテスト分析などたくさんの機能強化が行われています。詳しくはこちらで。

Somasegar’s BlogBrian Harry’s Blogではより詳細なハイライトが紹介されていますのでチェックしてください。すべての新機能やFixを確認する場合はこちらのKBアーティクルをご確認ください。

いつものごとく、適当翻訳なので詳細はVisual Studio Team Blogのポストをご確認ください。

というワケで、私もさっそくインストールしました!
これで原稿が進められる!ということでメモ。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

image

2014年4月26日(土)に開催されました.NET勉強会でお話しました「クライアント技術から見たBuild2014 Wrap-up」のセッション資料を公開しました。

まぁ、まとめなのでそれほど深く切り込んだ話はないのですが、さらっと読むには参考になればと公開しました。

いつものごとく、内容の保証はできませんが…(^^;;;

よろしければどうぞ。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

image

というワケでMVP Community Camp 2014のオフラインイベントがいよいよ明日となりました。

私は東京会場のRoom Aの15:00頃から「僕がやったXAML戦略」というタイトルでXAMLプログラマに向けた初心者~中級者向けのお話をさせていただく予定です。

東京会場では他にも魅力的なセッションが数多くあるのでこの機会に是非!

公式ページはこちら

東京会場のセッションプログラムやお申込みはこちら

MVPCommCamp2014

Twitterのハッシュタグは#MVPComCampだそうです!

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

MVPCommCamp

来る2014年3月17日から22日までの間、世界同時開催勉強会イベント、MVP Comminuty Campが開催されます。こちら

MVP Comminity CampではMicrosoft MVPやITコミュニティが協力し、上記の期間に7カ国23都市でオンライン・オフラインによる勉強会が開催されます。(前回はCommunity Open Day 2013というイベントでしたが、今回は規模も大きくなって開催されます!)

 

私はDay 6(2014年3月22日[土])に開催される東京会場のRoom Aで15:00から「僕がやったXAML戦略」と題して、XAMLの独学が大変だったポイントをピックアップしてお話しさせていただく予定です。(初心者~中級者向けのお話になります)

東京会場のお申し込みはこちら

当日は終日会場のどこかにいることになると思いますので、お気軽にお声がけ下さいね!

また、東京会場以外の会場でのお申し込みや会場に来られない方でも当日UStream配信も実施しておりますので、詳しくはこちらのリンク先の中程にある「カンファレンス」をご覧下さい!

当日、各会場では豪華プレゼントもあるようですので、是非ご参加下さい!

会場でお待ちしています!

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

image

大変遅くなりました。

第4回業開中心会議でお話した「デスクトップ・アプリの価値を高めるモダン化」のセッション資料をSlideShareに公開しました。

セッション実施からすでに2か月過ぎていますが、ようやく時間ができましたので、公開しました。

 

 

既に議事録についてもこちらのほうに公開されておりますので、よろしければそちらのほうもご覧ください。 こちら

image

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

Microsoft RMS SDK 3.0が公開されています。

Windows Store用がこちら

Windows Phone 8用がこちら

Android用がこちら

iOS用がこちら

OS X用がこちら

(SDKのダウンロードにはMicrosoftアカウントによる登録が必要になります。)

RMS SDKとは正確にはRights Management System Software Development Kitで、ドキュメントやファイルなどの著作権管理システムですね。

企業などで作成される機密文書や公開範囲をきちんと管理したいようなドキュメント類に対しての制御を行う仕組みとしてActive Directory RMSが存在するのですが、こちらのSDKはそれらの仕組みをモバイル向けのプラットフォームにも適用できるようにするためのSDKですね。

公開されたのは昨年の10月なのですが、なかなか時間が取れずに確認が先送りになっていましたが、簡単で便利そうなのでちょっと見てみました。

リンク先やドキュメントは英語なのですが、サンプルコードなどもあるのでそれほど難しいものじゃなさそうですね。

やはり、幅広いプラットフォームで一元管理できるのは便利そうですねーということでメモ。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

image

11月9日に開催される第4回業開中心会議に登壇することになりました。こちら

業開中心会議はIT系ニュースサイトで有名な@ITの編集部が主催する業務アプリ開発を主眼にしたセミナーになります。

今回のテーマは「これからの業務系デスクトップ・アプリ開発」ということで、先日リリースとなったWindows 8.1やVisual Stduio 2013に関連し、今後の業務アプリやデスクトップ・アプリに関する内容や、VS2013のテーマにもなっている「モダン化」をキーワードにお話させていただく予定です。

当日は私のお話以外にもVS2013の新機能に関してデモを含めたセミナーも実施される予定です。

加えてグレープシティの八巻さんをモデレーターに迎えて、@ITの執筆陣や著名人の方とのパネルディスカッションや交流会も予定されていますので、ご都合がよろしければ是非ご参加下さい!

遠方の方はUSTREAMによる中継も予定されていますので、よろしければセミナーの内容はそちらからもご覧いただけます。(リンク先を参照

私も目下、頑張って準備しておりますので、是非!

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

Visual Studio 2013 RCが公開されています。こちら

20130910072844

Visual Studioはご存じの通り、マイクロソフト製の統合開発環境ですね。

Visual Studio 2012から四半期ごとのUpdateが宣言されていましたが、Update 3の公開の次ということもあり、IDEに大幅な機能強化が行われているようです。

新機能をいくつか紹介すると私的にはまずはこれかな?

 

■XAML Editor

WPF/Silverlight/Windows Phone/WindowsストアなどではXAMLを使ってUIの開発を行いますが、一番大きなところではバインディングの機能強化でマークアップ拡張の指定の際にIntellisenseが利用できるようになっています。

マークアップ拡張はご存じの方はご存じの通り、XMLの属性のパラメータとして指定するという性質上、従来のIntellisenseからは対象外となっていましたが、VS2012から機能強化が行われており、マークアップ拡張のIntellisenseが使えるようになっていました。

データバインディングを利用する場合、厳密なソース指定を行う場合と、DataContextをデータソースとする場合がありました。

しかし、VS2012まではDataContextによるバインディングにおいて、プロパティ値の継承などXAML独自の特性などもあり、プロパティパスの指定に対してIntellisenseは行えませんでした。

逆に言うとDataContextはプロパティ値の継承と組み合わせて利用することで便利に使える機能でもあったため、そういうものだと思っていたのですが・・・。

VS2013からはDataContextのバインディングでもIntellisenseが利用できるようになりました!

それ以外にもリソースディクショナリやバインディングなどに対して「定義へ移動」も利用できるようになっています。(上の図はテーマリソースへに対して「定義に移動」を行っている様子)

 

■定義の参照(英語ではPeek Definition)

コーディングやデバッグを行っていると、コードに記されているメソッドやクラスを参照したい場合があります。

そのような場合は従来「定義へ移動」などを利用して参照元となるメソッドやクラスを確認したりしていました。

 

VS2013からは「定義の参照」を使って該当箇所へインラインで定義元のコードを確認することができるようになりました。

 

それ以外にもコード上にインラインで該当するクラスやメソッド参照箇所の数や、TFSと組み合わせて利用するとそのメソッドが過去に誰が修正してチェックインされていたかなどが表示されたり、コーディングのサポート機能がいろいろと追加されています。

上記以外にもいろいろとご紹介したい機能が山積みなのですが、今朝は時間が無くなってしまったのでこの辺りで!

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

来る7/6土曜日にめとべや東京#1で登壇します。こちら

20130702002346

開催情報を引用させていただきますと・・・

開催日時

2013年7月6日(土) 13:00

開催場所

会場: KDDI ウェブコミュニケーションズ 6F CloudCore セミナールーム

住所: 東京都千代田区麹町三丁目6番地 住友不動産麹町ビル3号館

URL

http://metrostyledev.net/

ハッシュタグ

#めとべや

こちらは前身となるコミュニティのころから人気コミュニティでしたが、名前を変えてもその人気は衰えずという感じですね。

そして、私自身は東京在住なのに声がかかるのがいつもなぜか大阪でした・・・というかタイミングがよかったんですけどね(^^;

さて、今回は「データバインディング徹底攻略」ということで、ちょっととっつきづらいテーマですががんばってお話させていただこうかと思っています。

という訳でよろしければご参加ください!

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]