Archive for the ‘ASP.NET’ Category

DSC01838

という訳で件名通りなのですが、工学社から出版される「はじめてのVisual Studio 2017」という書籍を執筆いたしました。こちら

この原稿はVS2015の頃から執筆していたのですが、執筆途中で2017のベータが公開されたので、リライトに継ぐリライトにより、なかなかの難産でしたがなんとか出版までたどり着きました。

書籍のタイトルや帯は私が決めたのではないのですが、内容は本当に純粋なVisual Studio本です。

つまり、プログラミングに関する説明は一切なく、ひたすらIDEのコーディング機能を説明しています(^^;

「これだけ高機能なIDEなのに、みんな独学でキャッチアップして凄いなー」と思っていたら、知らずに苦労されている方も多いようなので、以前から「一度IDEについてもまとめておきたいなー」と思っていたので書かせていただきました。

書籍の内容については、編集されたものはお出しできないのですが、元原稿は少しずつ公開したいと思っています。

といっても、執筆内容はコーディングに関する機能に特化していることや、まだまだ書き残したこともあるので、徐々に更新したり書き足していければなーとも思っています。

ある程度まとまった形にできたらこちらでもご紹介したいと思います。

もし、Visual Studioのコーディング機能について、気になる方は是非お手にとって読んでみてください。

追伸:2017/6/21現在、Amazonでは在庫切れのようです。本日から都内の書店に置かれると聞いていたのですが、以下のサイトからは購入できるようです。よろしくお願いします。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

ネタ元:The Visual Studio Blog

Microsoftが主催したイベントConnect();でVisual Studio 2017に関する発表がありましたのでご紹介しておきましょう。

 

Visual Studio 2017 Release Candidate

VIsual Studio 2017 RCが公開されました。ダウンロードはこちら

Visual Studio 2017 RCは言わずと知れたMicrosoft製の統合開発環境ですが、生産性の改善や多くの機能に関する機能向上などが行われています。

 

Visual Studio for Mac

Visual Studio for Mac Previewが開されました。ダウンロードはこちら

こちらは今回新たに公開されたその名のとおりMac上で動作するVisual Studio IDEです。主にはXamarin, ASP.NET Core, Azureなどを利用するフルスタックのクライアント・クラウドアプリの開発が行えるようです。

 

Visual Studio Mobile Center

Visual Studio Mobile Centerが公開されました。こちら

Visual Studio Mobile Centerはモバイルアプリケーションの構築・テスト・配布・監視そして反復して改善できるというモバイルアプリケーションのライフサイクルを支援するサービスとなるようです。

こちらはHockey AppやXamarin Test Cloudの次期バージョンという感じのようですが、モバイルセンターのサイトから引用すると、今回以下の環境がサポートされるようになったそうです。

 

Mobile platforms
Objective-C, Swift, Java, Xamarin, React Native

Lifecycle features
Build, Test, Crash, Beta Distribution, Analytics

Cloud features
Authentication, Easy tables, Offline sync

 

Team Foundation Server 2017 RTM and Visual Studio Team Services

Team Foundation Server 2017がRTMとなりMSDNサブスクリプションに公開となっています。

Team Foundation Server 2017(正しくはVisual Studio Team Foundation Server 2017)は主にチーム開発の開発ライフサイクルをサポートするサーバー製品ですね。

Visual Studio Team Servicesでもいくつかの機能についてGAとなっているようです。

簡単にピックアップするとApplication Insights、 Package Management service、 Code Search,、サードパーティによる商用のオンプレミス機能拡張などが利用できるようになっているようです。

こちらの詳細はこちらのポータルサイトで確認できるようです。(おそらく@kkamegawaさんあたりが説明してくれるのではないかとw)

 

早速VS2017 RCをインストールしてみましたが、見慣れない機能もいろいろありそうなので、順次ご紹介しますね。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

Visual Studio 2013 Update 2が公開されています。

image

Webインストーラーはこちら

ISOイメージはこちら

Visual Studioは言うまでもなく、マイクロソフト製の統合開発環境ですね。

Visual Studio 2013 Update 2でも多くの機能追加が行われています。

Visual Studio Team Blogにあった新機能についてのポストを引用していくつか翻訳しておきましょう。

Visual Studio 2013 Update 2ではたくさんの新機能やバグフィックス、お客様からのフィードバック、パフォーマンスや安定性の強化などを含みます。新しい機能についての一部と関連するアップデートのリンクを以下に列挙します。

  • ユニバーサルアプリ このリリースでWindows 8.1とWindows Phone 8.1でコードやリソースなどの資産を共有できるユニバーサルアプリが利用できるようになります
  • TypeScript TypeScript LanguageはプレーンなJavaScriptにコンパイルできる型付のJavaScriptスーパーセットです。つまり、型付言語によってクラス、モジュール、インターフェースなどを定義でき、ブラウザーで実行できるJavaScriptにコンパイルすることができます。
  • Web Tool Web開発ツールはSCSSのサポート、新しいJSONエディター、ASP.NETテンプレートのアップデート、URLピッカーの進化などたくさんの新機能を含みます。
  • Azure tools 開発やテスト環境で利用するAzure web sitesやSQL Azuredatabasesなどを直接操作するオプションを含みます。
  • Diagnostics(「診断」と直訳するのも微妙な気がしたのでそのままで(^^;) Diagnosticsツールはいくつかの強化が行われました。パフォーマンスイベントはMVCメソッド用にナビゲーションを行ったり、データベースクエリー用のSQLコマンドに移動を行います。さらに、Windows Store Diagnosticsツールは同時にいくつもの診断情報を共有タイムラインに表示します。
  • Slipstream install VS2013 RTMからUpdate2まで、Visual Studioのすべての最新機能を1インストールで行うことができます。

以下はUpdate2でVisual Studio 2013に追加されたそのほかの重要な更新です。

  • Apache Cordova and Visual Studio. Cordova tools in Visual Studioではweb開発者はHTML, JavaSciptのスキルを活用し、Android, iOS, WindowsとWindows Phoneをターゲットとしたクロスプラットフォームモバイルアプリケーションをビルドできます。詳しい情報はApache Cordova(http://cordova.apache.org/)で確認してください。
  • A cloud optimized .NET. 最新のフレームワークは小さく、軽量に、そしてクラウドとサーバーワークロードをデザインできるクラウド最適化しました。
  • .Net vNext. このUpdateで.NET Frameworkはクラウドファースト、モバイルファーストに最適化しました。そして、Roslynを利用してC# 6とVBをコンパイルできるようになったり、.NET Nativeを利用してWindowsストアアプリを高速化したり、ASP.NETアプリをクラウドに最適化したりできます。
  • TFS 2013 Update 2 こちらは再度言及しますが、TFS2013のUpdateにはTagging, charting, 共有パラメータ、コンパニオンサービス for クラウドロードテスト分析などたくさんの機能強化が行われています。詳しくはこちらで。

Somasegar’s BlogBrian Harry’s Blogではより詳細なハイライトが紹介されていますのでチェックしてください。すべての新機能やFixを確認する場合はこちらのKBアーティクルをご確認ください。

いつものごとく、適当翻訳なので詳細はVisual Studio Team Blogのポストをご確認ください。

というワケで、私もさっそくインストールしました!
これで原稿が進められる!ということでメモ。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

Microsoft RMS SDK 3.0が公開されています。

Windows Store用がこちら

Windows Phone 8用がこちら

Android用がこちら

iOS用がこちら

OS X用がこちら

(SDKのダウンロードにはMicrosoftアカウントによる登録が必要になります。)

RMS SDKとは正確にはRights Management System Software Development Kitで、ドキュメントやファイルなどの著作権管理システムですね。

企業などで作成される機密文書や公開範囲をきちんと管理したいようなドキュメント類に対しての制御を行う仕組みとしてActive Directory RMSが存在するのですが、こちらのSDKはそれらの仕組みをモバイル向けのプラットフォームにも適用できるようにするためのSDKですね。

公開されたのは昨年の10月なのですが、なかなか時間が取れずに確認が先送りになっていましたが、簡単で便利そうなのでちょっと見てみました。

リンク先やドキュメントは英語なのですが、サンプルコードなどもあるのでそれほど難しいものじゃなさそうですね。

やはり、幅広いプラットフォームで一元管理できるのは便利そうですねーということでメモ。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

「.NET」開発者のためのSilverlight入門を執筆しました。

すみません、宣伝です(^^;

本書はタイトル通りのSilverlightの入門書になります。

某所で行っていたセミナーの内容をベースになかなか時間の関係でお話できなかった点やゆっくり説明できなかった部分なども書籍の特徴を生かして執筆いたしました。

デモプログラムもインターネット経由でそのままダウンロードしていただけます。

結構時間がかかってしまったのですが、Silverlight開発者だけではなく、XAMLを使った開発を行う方にも役に立てるように必要な知識をやさしく理解していただけるようがんばって執筆しました。

これから始めようという方は最初から順に読んでいただければ必要な知識を得られるように工夫しました。

そして、既にXAMLを習得されている方にも、確認したい点を理解しやすいように極力各章で独立して説明するように心がけています。

ただ、書籍の帯は編集の方が書いて下さったようなのですが、ちょっと先走っているようですが、ここはご愛敬ということでひとつご容赦のほどを・・・。(^^;

8月25日に工学社から発売になりますので是非お手にとってご覧下さい。

助けると思って(^^;

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

WebMatrix 2 BETAが公開されています。こちら

WebMatricはWebサイトやWebアプリケーションを作成する際に利用できるツールなどの統合環境ですね。
Webサイト開発の際にはVisual StudioやVisual Web Developerなどのツールがありますが、これらのような本格的な開発環境とは違い、ライトウェイトなWebサイト作成に向いたツールですね。

とはいえ、VisualStudioとは異なるわかりやすい新しいインターフェースで、よりWebサイトの作成が行いやすい環境となっています。

なかなか、時間が取れずにこちらの方面はすっかり取り残されつつあるので、しっかり追いかけていきたいなーということでメモ。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

WCF RIA Services V1.0 SP2 RCが公開されています。こちら

WCF RIA ServeisはSilverlightやASP.NETなどのWebプラットフォーム上で、業務アプリケーション開発の際に用いられるN階層アプリケーションパターンを支援するためのフレームワークですね。

Silverlight 5 RCになったことこちらも追従するような形でUpdateですね。

というワケでこちらもメモ。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]