Archive for the ‘Web’ Category

DSC01838

という訳で件名通りなのですが、工学社から出版される「はじめてのVisual Studio 2017」という書籍を執筆いたしました。こちら

この原稿はVS2015の頃から執筆していたのですが、執筆途中で2017のベータが公開されたので、リライトに継ぐリライトにより、なかなかの難産でしたがなんとか出版までたどり着きました。

書籍のタイトルや帯は私が決めたのではないのですが、内容は本当に純粋なVisual Studio本です。

つまり、プログラミングに関する説明は一切なく、ひたすらIDEのコーディング機能を説明しています(^^;

「これだけ高機能なIDEなのに、みんな独学でキャッチアップして凄いなー」と思っていたら、知らずに苦労されている方も多いようなので、以前から「一度IDEについてもまとめておきたいなー」と思っていたので書かせていただきました。

書籍の内容については、編集されたものはお出しできないのですが、元原稿は少しずつ公開したいと思っています。

といっても、執筆内容はコーディングに関する機能に特化していることや、まだまだ書き残したこともあるので、徐々に更新したり書き足していければなーとも思っています。

ある程度まとまった形にできたらこちらでもご紹介したいと思います。

もし、Visual Studioのコーディング機能について、気になる方は是非お手にとって読んでみてください。

追伸:2017/6/21現在、Amazonでは在庫切れのようです。本日から都内の書店に置かれると聞いていたのですが、以下のサイトからは購入できるようです。よろしくお願いします。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

ネタ元:The Visual Studio Blog

Microsoftが主催したイベントConnect();でVisual Studio 2017に関する発表がありましたのでご紹介しておきましょう。

 

Visual Studio 2017 Release Candidate

VIsual Studio 2017 RCが公開されました。ダウンロードはこちら

Visual Studio 2017 RCは言わずと知れたMicrosoft製の統合開発環境ですが、生産性の改善や多くの機能に関する機能向上などが行われています。

 

Visual Studio for Mac

Visual Studio for Mac Previewが開されました。ダウンロードはこちら

こちらは今回新たに公開されたその名のとおりMac上で動作するVisual Studio IDEです。主にはXamarin, ASP.NET Core, Azureなどを利用するフルスタックのクライアント・クラウドアプリの開発が行えるようです。

 

Visual Studio Mobile Center

Visual Studio Mobile Centerが公開されました。こちら

Visual Studio Mobile Centerはモバイルアプリケーションの構築・テスト・配布・監視そして反復して改善できるというモバイルアプリケーションのライフサイクルを支援するサービスとなるようです。

こちらはHockey AppやXamarin Test Cloudの次期バージョンという感じのようですが、モバイルセンターのサイトから引用すると、今回以下の環境がサポートされるようになったそうです。

 

Mobile platforms
Objective-C, Swift, Java, Xamarin, React Native

Lifecycle features
Build, Test, Crash, Beta Distribution, Analytics

Cloud features
Authentication, Easy tables, Offline sync

 

Team Foundation Server 2017 RTM and Visual Studio Team Services

Team Foundation Server 2017がRTMとなりMSDNサブスクリプションに公開となっています。

Team Foundation Server 2017(正しくはVisual Studio Team Foundation Server 2017)は主にチーム開発の開発ライフサイクルをサポートするサーバー製品ですね。

Visual Studio Team Servicesでもいくつかの機能についてGAとなっているようです。

簡単にピックアップするとApplication Insights、 Package Management service、 Code Search,、サードパーティによる商用のオンプレミス機能拡張などが利用できるようになっているようです。

こちらの詳細はこちらのポータルサイトで確認できるようです。(おそらく@kkamegawaさんあたりが説明してくれるのではないかとw)

 

早速VS2017 RCをインストールしてみましたが、見慣れない機能もいろいろありそうなので、順次ご紹介しますね。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

 

DSCN0009

技術ひろば.netでお話した「はじめてのクラウド」のスライドを公開しました。こちら。

初心者向けのご紹介セッションなので、ご参考になれば幸いです。

他のセッションが非常に高度な内容の中、とても初心者の内容で大変恐縮ですが、よろしければどうぞ。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

DSCN7163

技術ひろば.netの勉強会でお話させていただきます。

開催要項は以下の通りです。

日時:2014/07/19 (土) 13:00~18:00(受付は12:30からだそうです)

場所:日本マイクロソフト 品川本社

(当日は2Fの入り口で受付となるようです。)

お申し込みはこちら

今回は開発初心者向けのテーマを中心とした勉強会ということで、
「Visual Studio 活用方法」
「はじめてのIoT」
「はじめてのクラウド」
などIT業界で話題となっているテーマを初心者の方向けに解説されるそうです。

私は「はじめてのクラウド」というテーマで初心者向けの内容としてWeb技術やクラウド技術についてお話させていただく予定です。

久々のクラウド系(Web系)での登壇でなのでちょっと緊張しますが、頑張ってお話さえていただこうかと思いますので、興味のある方は是非どうぞ!

私もVisual Studioのプロである椎野さんの解説や、IoT(Internet of Things)などおもしろそうなテーマが解説なので今から楽しみです。

それでは会場でお会いできることを楽しみにしております!

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

Visual Studio 2013 Update 2が公開されています。

image

Webインストーラーはこちら

ISOイメージはこちら

Visual Studioは言うまでもなく、マイクロソフト製の統合開発環境ですね。

Visual Studio 2013 Update 2でも多くの機能追加が行われています。

Visual Studio Team Blogにあった新機能についてのポストを引用していくつか翻訳しておきましょう。

Visual Studio 2013 Update 2ではたくさんの新機能やバグフィックス、お客様からのフィードバック、パフォーマンスや安定性の強化などを含みます。新しい機能についての一部と関連するアップデートのリンクを以下に列挙します。

  • ユニバーサルアプリ このリリースでWindows 8.1とWindows Phone 8.1でコードやリソースなどの資産を共有できるユニバーサルアプリが利用できるようになります
  • TypeScript TypeScript LanguageはプレーンなJavaScriptにコンパイルできる型付のJavaScriptスーパーセットです。つまり、型付言語によってクラス、モジュール、インターフェースなどを定義でき、ブラウザーで実行できるJavaScriptにコンパイルすることができます。
  • Web Tool Web開発ツールはSCSSのサポート、新しいJSONエディター、ASP.NETテンプレートのアップデート、URLピッカーの進化などたくさんの新機能を含みます。
  • Azure tools 開発やテスト環境で利用するAzure web sitesやSQL Azuredatabasesなどを直接操作するオプションを含みます。
  • Diagnostics(「診断」と直訳するのも微妙な気がしたのでそのままで(^^;) Diagnosticsツールはいくつかの強化が行われました。パフォーマンスイベントはMVCメソッド用にナビゲーションを行ったり、データベースクエリー用のSQLコマンドに移動を行います。さらに、Windows Store Diagnosticsツールは同時にいくつもの診断情報を共有タイムラインに表示します。
  • Slipstream install VS2013 RTMからUpdate2まで、Visual Studioのすべての最新機能を1インストールで行うことができます。

以下はUpdate2でVisual Studio 2013に追加されたそのほかの重要な更新です。

  • Apache Cordova and Visual Studio. Cordova tools in Visual Studioではweb開発者はHTML, JavaSciptのスキルを活用し、Android, iOS, WindowsとWindows Phoneをターゲットとしたクロスプラットフォームモバイルアプリケーションをビルドできます。詳しい情報はApache Cordova(http://cordova.apache.org/)で確認してください。
  • A cloud optimized .NET. 最新のフレームワークは小さく、軽量に、そしてクラウドとサーバーワークロードをデザインできるクラウド最適化しました。
  • .Net vNext. このUpdateで.NET Frameworkはクラウドファースト、モバイルファーストに最適化しました。そして、Roslynを利用してC# 6とVBをコンパイルできるようになったり、.NET Nativeを利用してWindowsストアアプリを高速化したり、ASP.NETアプリをクラウドに最適化したりできます。
  • TFS 2013 Update 2 こちらは再度言及しますが、TFS2013のUpdateにはTagging, charting, 共有パラメータ、コンパニオンサービス for クラウドロードテスト分析などたくさんの機能強化が行われています。詳しくはこちらで。

Somasegar’s BlogBrian Harry’s Blogではより詳細なハイライトが紹介されていますのでチェックしてください。すべての新機能やFixを確認する場合はこちらのKBアーティクルをご確認ください。

いつものごとく、適当翻訳なので詳細はVisual Studio Team Blogのポストをご確認ください。

というワケで、私もさっそくインストールしました!
これで原稿が進められる!ということでメモ。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

Microsoft RMS SDK 3.0が公開されています。

Windows Store用がこちら

Windows Phone 8用がこちら

Android用がこちら

iOS用がこちら

OS X用がこちら

(SDKのダウンロードにはMicrosoftアカウントによる登録が必要になります。)

RMS SDKとは正確にはRights Management System Software Development Kitで、ドキュメントやファイルなどの著作権管理システムですね。

企業などで作成される機密文書や公開範囲をきちんと管理したいようなドキュメント類に対しての制御を行う仕組みとしてActive Directory RMSが存在するのですが、こちらのSDKはそれらの仕組みをモバイル向けのプラットフォームにも適用できるようにするためのSDKですね。

公開されたのは昨年の10月なのですが、なかなか時間が取れずに確認が先送りになっていましたが、簡単で便利そうなのでちょっと見てみました。

リンク先やドキュメントは英語なのですが、サンプルコードなどもあるのでそれほど難しいものじゃなさそうですね。

やはり、幅広いプラットフォームで一元管理できるのは便利そうですねーということでメモ。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

Microsoft 大手町テクノロジーセンターでアクセシビリティに関する開発セミナーが実施されるようです。 こちら

アクセシビリティとは情報やアプリケーションソフトウェアなどがどの程度アクセス可能かということを示すキーワードですが、アメリカにおいてアクセシビリティ法が成立して以来、特にWebページの作成などにおいてはW3Cによる指針が提示されるほど重要視されています。

こちらのセミナーではアプリケーション開発におけるアクセシビリティに関するアプローチをテーマとしたセミナーで、あまり解説されることが少ない貴重なセミナーです!

accessibility_imgセミナー講師は技術統括室の細田和也さんという開発やアクセシビリティの専門家で、私もMSに在籍していた際にはいろいろと技術情報をご教示いただいていた方なのです。

どんなお話をされるのか私も興味津々なのですが、仕事の都合で残念ながら参加できないのですorz

この機会に是非参加してみてはいかがでしょうか? そして誰か内容を教えて下さいw

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

#めとべや 東京#1でお話した「データバインディング徹底攻略」のスライドをアップロードしました。こちら

今回は突然デモマシンがダウンするというトラブルでお恥ずかしいところをお見せしましたが、会場のみなさんがあたたかく見守っていただく中、なんとか無事最後までお話できました。

親睦会も含めてとても楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました!

また是非お声掛けくださいねー>@tanaka_733 さん、@hr_saoさん

 

あとからツイートを確認したところ、少し気になるツイートをされている方がおられたのでマークアップ拡張の自作について少しフォローアップしておきます。

 

マークアップ拡張の自作について

今回は仕組みを理解していただくためにマークアップ拡張の作成方法についてご説明しましたが、通常の開発ではよほどのことがない限りはマークアップ拡張の自作は行いません。

マークアップ拡張の作成というのは、つまりは共通ロジックなどのインフラの作成ということになりますが、通常の開発でインフラをバグの原因として疑うことはどうしても後回しとなりがちです。

つまり、ある種のロジックの隠ぺいとなっており、可読性を落としてトラブルシューティングをしずらくする原因となります。

多くの場合はデータバインディングで解決可能かと思われますので、まずはデータバインディングを利用することをお奨めします。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

来る7/6土曜日にめとべや東京#1で登壇します。こちら

20130702002346

開催情報を引用させていただきますと・・・

開催日時

2013年7月6日(土) 13:00

開催場所

会場: KDDI ウェブコミュニケーションズ 6F CloudCore セミナールーム

住所: 東京都千代田区麹町三丁目6番地 住友不動産麹町ビル3号館

URL

http://metrostyledev.net/

ハッシュタグ

#めとべや

こちらは前身となるコミュニティのころから人気コミュニティでしたが、名前を変えてもその人気は衰えずという感じですね。

そして、私自身は東京在住なのに声がかかるのがいつもなぜか大阪でした・・・というかタイミングがよかったんですけどね(^^;

さて、今回は「データバインディング徹底攻略」ということで、ちょっととっつきづらいテーマですががんばってお話させていただこうかと思っています。

という訳でよろしければご参加ください!

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

6/22(土)に.NETラボ勉強会さんでお話させていただきます。こちら

20130617094430

開催概要を引用させていただくと・・・

開催概要

■日時:2013年6月22日(土曜日) 13:30-18:00 (開場:13:00、退出:18:00)

■会場:会場:日本マイクロソフト 品川本社 (SGT)Room B
http://www.microsoft.com/ja-jp/mscorp/branch/sgt.aspx

■会費:500円(学生無料、懇親会は別途、ゲストスピーカーは懇親会無料)
※会費は運営費とゲスト懇親会費に充てさせてもらいます。

 

という感じのようです。

私は一番最後の枠で「WPF・SilverlightのアニメーションからWindowsストアアプリのアニメーションへ」というセッションを70分間お話させていただく予定です。

以前、Windowsデベロッパーカンファレンスで30分でやった内容がベースなのですが、以前は駆け足だったので、もう少し入り口から楽しめるように少しだけ掘り下げてお話させていただければと思います。

最新の情報やお申込みはこちらのリンク先のほうへどうぞ!

せっかくの機会なので楽しんでやりましょう!

お気軽にご参加くださいねー!(^^)

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]