Archive for the ‘Develop’ Category

Visual Studio 2015がMSDNサブスクリプションで公開されています。

Visual Studio 2015はMicrosoft製の統合開発環境ですね。

今回のVisual StudioではRoslynベースとなったIDE機能の拡張や新しいC#, Visual Basicへの対応、.NET Framework 4.6などの新機能などはもちろんなのですが、昨今話題となることも多いクロスプラットフォームへの開発サポートやIoTなど、今回も多岐に及んでいます。

ちなみに新機能について記載されているRelease Noteはこちら。(リンク先は英語です)

私もRTMとなったVS2015をじっくりと調べてみたいと思います!

というワケでメモ!

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1)が公開されています。こちら

SQL Serverは言わずと知れたMicrosoft製のRDBMSですね。

こちらはオンプレミス版のSQL Serverに対するサービスパックなのですがSQL Server BlogにあったポストSP1のリリース情報によるといつも通り、いくつかのバグの修正や機能向上もありそうですね。

ってことでメモ。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

来週は大阪のMIC主催スキルアップカリキュラムセミナーで登壇します!こちら

IMG_4183

という訳で来週は久々に日本マイクロソフトの大阪支店での登壇です。

Microsoft Innovation Center主催のスキルアップカリキュラムセミナーは1週間、C#の基礎編についてお話します。

その中でもちょっと楽しみにしているのが、9月30日実施予定のセミナーでの「オブジェクト指向」についてお話することになりました!

もちろん、他のトピックについても頑張ってお話ししますし、セミナー自体が連続受講を想定しているのでほかの日にも参加していただきたいところですが、実はコミュニティ勉強会での初登壇は「オブジェクト指向」をテーマにセッションだったので、ちょっと感慨深いですw

まぁ、時間の都合もあるのでOOのことばかりお話することはできませんが、私自身楽しみにしております。

お申込みいただいたみなさん、頑張ってお話しますのでよろしくお願いしますねー♪

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

 

DSCN0009

技術ひろば.netでお話した「はじめてのクラウド」のスライドを公開しました。こちら。

初心者向けのご紹介セッションなので、ご参考になれば幸いです。

他のセッションが非常に高度な内容の中、とても初心者の内容で大変恐縮ですが、よろしければどうぞ。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

 

DSCN7432

めとべや東京 #5に登壇することになりました。

開催要項は以下のようになっています。

日時:2014-08-02(土) 12:30~18:00 (開場:12:10)

場所:東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー 日本マイクロソフト 品川本社(SGT)

お申し込みはこちら。また、懇親会の申し込みは別になっておりまして、こちらから。

私以外の登壇者は日本マイクロソフトの井上章さんや@tanaka_733さん、高尾さん、太田さん、神原さんと豪華なメンバーとなっています。

それもあってか、募集開始と同時に60枠のほとんどが埋まってしまい、急遽80人キャパの部屋に移していただいたのですが、もう既にかなりの申し込みとなっていますので、お申し込みはお早めに。

私は、ひさびさのめとべやということもあって、WindowsPhone関係のなにかをお話ししようかなと考えています。
というか、まだ考え中です(^^;;;

人気コミュニティということで気合いを入れてがんばりたいと思います。

それでは、当日開場でお会いしましょう!

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

Bridge

Microsoft MVPをVisual C#のカテゴリで再受賞することができました。

お陰様でMVPとして受賞したのはこれで8回目、Visual C#のカテゴリでは5回目の受賞となりました。

これも普段、記事を書かせていただいたり、セッションでお話させていただいたり、そして、いろいろとご指導していただいているみなさまやこちらのブログをご覧いただいたりしているみなさまのお蔭と感謝しております。

多くの方に支えられて、今年もなんとかReawardすることができました。
本当にありがとうございます。

今後も変わらず、可能な限りいろんな場所でお手伝いさせていただきたいと思っておりますので、お気軽にお声がけ下さい!

今後ともよろしくお願いいたします。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

DSCN7163

技術ひろば.netの勉強会でお話させていただきます。

開催要項は以下の通りです。

日時:2014/07/19 (土) 13:00~18:00(受付は12:30からだそうです)

場所:日本マイクロソフト 品川本社

(当日は2Fの入り口で受付となるようです。)

お申し込みはこちら

今回は開発初心者向けのテーマを中心とした勉強会ということで、
「Visual Studio 活用方法」
「はじめてのIoT」
「はじめてのクラウド」
などIT業界で話題となっているテーマを初心者の方向けに解説されるそうです。

私は「はじめてのクラウド」というテーマで初心者向けの内容としてWeb技術やクラウド技術についてお話させていただく予定です。

久々のクラウド系(Web系)での登壇でなのでちょっと緊張しますが、頑張ってお話さえていただこうかと思いますので、興味のある方は是非どうぞ!

私もVisual Studioのプロである椎野さんの解説や、IoT(Internet of Things)などおもしろそうなテーマが解説なので今から楽しみです。

それでは会場でお会いできることを楽しみにしております!

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

DSCN7395

工学社から出版されている雑誌I/O2014年7月号にTypeScriptの紹介記事を書かせていただきました。

というワケで今日、見本誌が到着していました。

DSCN7397

内容は導入編という感じで本当にさわりだけなのですが、よろしければ読んで見て下さい!

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

Visual Studio “14” CTPが公開されています。

こちら

Visual Stduio “14”はマイクロソフトが現在開発中の開発統合環境ですね。

CTPの利用には制限があるようで、リンク先の「CTP limitations」を簡単に翻訳しておきますね。

CTPはテストとフィードバックを目的にした場合のみ利用できます。

CTPのサポートはありません。

英語のみの公開となります。

これらは最終検証まで行われていないので、本番機や製品コードの開発などには利用しないで下さい。

CTPリリースのインストールによりコンピューターがどのような状態となってもサポートできません。我々は仮想マシンまたは再フォーマットしてもよいPCへのインストールをお勧めします。

現在、Visual Studio “14” CTPは以前のバージョンのVisual Studioと互換性に関する既知の問題がありますので、同一マシンへのside-by-sideによるインストールは行わないで下さい。(つまり、複数バージョンのVSを同時にインストールしないで下さいということかな。)

 

まだCTPなので将来バージョンで機能変更となる場合があるので要注意ですね!

というワケで、バグレポートはMicrosoft Connectへ、アイデアはUserVoiceへ、またはVisual Studioのタイトルバーの右側に吹き出しアイコン(speech-bubble icon)からSend a SimeやSend a Frownを使って簡単なフィードバックが行えるようです。

VS2013のUpdate2の公開が終わって、そしてde:codeが終わったと思ったら、早速VS”14”とは、めまぐるしいですがRoslynやASP.NET vNEXT、C++11/14など注目の新機能をネイティブに取り入れているVSなので要チェックですねー。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

Visual Studio 2013 Update 2が公開されています。

image

Webインストーラーはこちら

ISOイメージはこちら

Visual Studioは言うまでもなく、マイクロソフト製の統合開発環境ですね。

Visual Studio 2013 Update 2でも多くの機能追加が行われています。

Visual Studio Team Blogにあった新機能についてのポストを引用していくつか翻訳しておきましょう。

Visual Studio 2013 Update 2ではたくさんの新機能やバグフィックス、お客様からのフィードバック、パフォーマンスや安定性の強化などを含みます。新しい機能についての一部と関連するアップデートのリンクを以下に列挙します。

  • ユニバーサルアプリ このリリースでWindows 8.1とWindows Phone 8.1でコードやリソースなどの資産を共有できるユニバーサルアプリが利用できるようになります
  • TypeScript TypeScript LanguageはプレーンなJavaScriptにコンパイルできる型付のJavaScriptスーパーセットです。つまり、型付言語によってクラス、モジュール、インターフェースなどを定義でき、ブラウザーで実行できるJavaScriptにコンパイルすることができます。
  • Web Tool Web開発ツールはSCSSのサポート、新しいJSONエディター、ASP.NETテンプレートのアップデート、URLピッカーの進化などたくさんの新機能を含みます。
  • Azure tools 開発やテスト環境で利用するAzure web sitesやSQL Azuredatabasesなどを直接操作するオプションを含みます。
  • Diagnostics(「診断」と直訳するのも微妙な気がしたのでそのままで(^^;) Diagnosticsツールはいくつかの強化が行われました。パフォーマンスイベントはMVCメソッド用にナビゲーションを行ったり、データベースクエリー用のSQLコマンドに移動を行います。さらに、Windows Store Diagnosticsツールは同時にいくつもの診断情報を共有タイムラインに表示します。
  • Slipstream install VS2013 RTMからUpdate2まで、Visual Studioのすべての最新機能を1インストールで行うことができます。

以下はUpdate2でVisual Studio 2013に追加されたそのほかの重要な更新です。

  • Apache Cordova and Visual Studio. Cordova tools in Visual Studioではweb開発者はHTML, JavaSciptのスキルを活用し、Android, iOS, WindowsとWindows Phoneをターゲットとしたクロスプラットフォームモバイルアプリケーションをビルドできます。詳しい情報はApache Cordova(http://cordova.apache.org/)で確認してください。
  • A cloud optimized .NET. 最新のフレームワークは小さく、軽量に、そしてクラウドとサーバーワークロードをデザインできるクラウド最適化しました。
  • .Net vNext. このUpdateで.NET Frameworkはクラウドファースト、モバイルファーストに最適化しました。そして、Roslynを利用してC# 6とVBをコンパイルできるようになったり、.NET Nativeを利用してWindowsストアアプリを高速化したり、ASP.NETアプリをクラウドに最適化したりできます。
  • TFS 2013 Update 2 こちらは再度言及しますが、TFS2013のUpdateにはTagging, charting, 共有パラメータ、コンパニオンサービス for クラウドロードテスト分析などたくさんの機能強化が行われています。詳しくはこちらで。

Somasegar’s BlogBrian Harry’s Blogではより詳細なハイライトが紹介されていますのでチェックしてください。すべての新機能やFixを確認する場合はこちらのKBアーティクルをご確認ください。

いつものごとく、適当翻訳なので詳細はVisual Studio Team Blogのポストをご確認ください。

というワケで、私もさっそくインストールしました!
これで原稿が進められる!ということでメモ。

ツイートツイート
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]